脱毛サロンはクーリングオフが出来ない?途中で契約を破棄することは出来ないのか?

脱毛サロンはクーリングオフが出来ない?途中で契約を破棄することは出来ないのか?

自分の意志で脱毛の契約をしても、家に帰って冷静に考えてみて、やっぱり解約したいと思うこともあるでしょう。

 

また、施術を受けても効果が感じられなかったり、スタッフの対応に不満があったりすると契約を破棄したくなるかもしれません。

 

ここでは脱毛サロンの解約についてご説明します。

 

脱毛サロンはクーリングオフ対象外?

 

クーリングオフは、自分からお店に足を運んで説明を受けた上で契約したものに関しては適用されません。

 

しかし、脱毛サロンやエステサロンなどは特例としてクーリングオフが適用されます。

 

ただし条件を満たしている必要があります。

 

  • 契約した日から8日以内にクーリングオフの手続きをする
  • 施術の契約期間が1ヶ月以上である
  • 契約金額の総額が5万円以上であること

 

脱毛コースの契約期間は1ヶ月以上になります。

 

またセットプランは5万円以下というのはほぼありませんから、基本的にどのような契約でもクーリングオフできます。

 

一番重要なのはクーリングオフ可能期間であるかということです。

 

クーリングオフははがきを郵送するだけで出来ますが、その消印が契約日から数えて8日目までというのが鉄則です。

 

消印が9日目となってしまうとクーリングオフは出来ないので気をつけてください。

 

ちなみに、8日を過ぎている、届いてないなどのトラブルが多いので、クーリングオフの通知は簡易書留など証拠が残るようにしておきましょう。

 

契約破棄は出来る?

 

クーリングオフ期間が過ぎてしまってから解約をしたい場合は、どのタイミングであっても中途解約になります。

 

中途解約の詳細に関しては、脱毛サロンによって規定が異なります。

 

施術回数分を差し引いた金額を返金してくれるところあれば、違約金が発生するところもあります。

 

全額返金保証があれば、払った施術費用すべてを返してもらえます。

 

ただし、前述したように中途解約の規定はお店ごとに違うので、契約前にきちんと確認しておきましょう。

 

クーリングオフや契約破棄が出来るといっても、ネガティブな作業は面倒ですし時間の無駄遣いになってしまいます。

 

ですので嫌ならやめちゃえば良い、というのではなく、解約する必要がないように、納得して契約できるようにしっかり説明をうけてくださいね。

脇脱毛