使い続けるだけでムダ毛を処理できる脱毛石鹸とは何なのか?

使い続けるだけでムダ毛を処理できる脱毛石鹸とは何なのか?

ドラッグストアなどでは見かけませんが、通信販売では「脱毛石鹸」というムダ毛処理アイテムが販売されています。剃ったり抜いたりすることなく、使い続けるだけムダ毛を処理できる脱毛石鹸とは何なのでしょうか。洗うだけでムダ毛処理ができる仕組みや、危険性はないのか調べてみました。

 

石鹸

 

脱毛石鹸とは

 

脱毛石鹸にはタンパク質を溶かす「チオグリコール酸」が配合されているものと、「大豆エキス」など抑毛効果がある成分が配合されているものの2種類があります。

 

チオグリコール酸でタンパク質を溶かすというのは、除毛クリームと同じ仕組みです。脱毛石鹸で体を洗うことで、チオグリコール酸が少しずつムダ毛を溶かしていきます。

 

ですので毎日使い続ければムダ毛を処理できるのですね。抑毛成分が配合されている脱毛石鹸であれば、使い続けると発毛を抑制する効果が期待できます。

 

これが脱毛石鹸のムダ毛処理の仕組みですが、厳密にいうとどちらの種類であっても脱毛効果はありません。あくまでも「除毛」もしくは「抑毛」するだけなので、使わなくなればまたムダ毛が生えてきます。

 

脱毛石鹸の危険性

 

脱毛石鹸の危険性に関しては、特に気をつけたいのがチオグリコール酸配合の商品です。チオグリコール酸が配合されている脱毛石鹸の場合、使い続けると肌に強いダメージを与えます

 

例えばブリーチ剤の入ったシャンプーを毎日使えば、髪の色はどんどん抜けますが、ブリーチのダメージを受け続けることになりますね。脱毛石鹸も同じで、タンパク質を溶かす成分が少量でも入っていれば肌へのダメージは免れません。

 

ですがチオグリコール酸の配合量が少ないため、使い続けないとムダ毛処理ができないのも実情です。つまり脱毛石鹸で処理をするということは、肌にダメージを与えるのが前提となってしまうので、その点はしっかり理解しておきましょう。

 

脱毛石鹸は、他のムダ毛処理のサポートという点では効果的な商品かもしれません。しかしこれだけですべてのムダ毛を綺麗さっぱり処理するとなると肌への負担が大きいので、よく検討してから使ってください。脇などは特に皮膚が薄く、ダメージを受けやすい部位なので注意が必要です。

脇脱毛