太っている私は脱毛に通えない?知っておくべき脱毛の実情とは?

太っている私は脱毛に通えない?知っておくべき脱毛の実情とは?

太っていると、脱毛に通うのが恥ずかしいと思ってしまうかもしれません。

 

食事を楽しむ女性

 

ですが太っていようがいまいが、むだ毛の悩みは女性であれば誰でも持っているものです。

 

体型のせいで脱毛を諦める必要はないので、太っていることを恥ずかしいと思っている人が知っておくべき脱毛の実情をご紹介します。

 

太っていても普通に脱毛できる?

 

標準体重よりもポッチャリした方は、施術や脱毛サロンに対して不安があるのではないでしょうか。

 

  • 太っているとガウンや紙ショーツのサイズが合わない
  • 施術用ベッドからはみ出てしまう
  • 体が大きいので追加料金が発生する
  • 毛根までダメージが届かず効果がない

 

体型が少し大きいとこういった不安を持つのも当然かもしれません。

 

契約をして、いざ施術となったときにガウンが小さくて着られない、施術用ベッドに体が乗り切らないなんてことになったら恥ずかしいですね。

 

しかし、こういった心配は無用です。

 

ガウンは大きいサイズが用意されていますし、紙ショーツはウエスト部分がゴムなので十分に伸びます。

 

施術用ベッドも体がはみ出るような小さいものでもありません。

 

太っているからといって追加料金が発生することもありませんし、出力レベルを上げれば毛根にもしっかりダメージを与えることができます。

 

脱毛サロンは体型に関わらず施術が出来る体制を整えていますから、きちんと対応してもらえるので安心してください。

 

施術スタッフの目線は?

 

結論からいうと、太っている人は施術スタッフにとっては脱毛がやりやすいので歓迎されます。

 

太っていると施術範囲が広くなるため、面倒と思われるのではと気にしている方も多いでしょう。

 

ですが脱毛サロン側からすると、骨ばっていたり細すぎたりする人は凹凸があるので、施術がやりにくいのです。

 

施術部位がデコボコしていたら、均等に光を照射するのが難しくなります。

 

そのため照射漏れがあったり、脱毛ムラになってしまうことがあります。

 

太っている人であれば、横になると皮が伸びて表面がフラットになりますから、均等に打ちやすいのです。

 

脱毛の施術では肌を露出しますし、施術部位によってはスタイルが丸見えになってしまいます。

 

ですので恥ずかしい気持ちもあるかもしれません。

 

しかし、脱毛をすればムダ毛のコンプレックスを解消できるので、自分に自信をつけるためにも施術を検討してみましょう。

脇脱毛