フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の頻度や平均回数の違いとは?

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の頻度や平均回数の違いとは?

自己処理では、何回ムダ毛を引き抜いても剃っても、また生えてくるので終わりがありません。では、今人気のフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛ではどうなのでしょうか。脱毛の仕組みはほぼ同じ両者ですが、頻度や平均回数に違いがあるので、脱毛を決める参考にしてみてください。

 

脱毛サロン帰りの美女

 

フラッシュ脱毛の頻度と平均回数について

 

フラッシュ脱毛は、複数の波長が含まれる光を照射して行います。脱毛サロンなどで行われる脱毛の施術の中ではもっともスタンダードな方法で、痛みが少なく美肌効果があるのが特長です。

 

フラッシュ脱毛の施術は毛周期に合わせて行うのが一般的です。毛周期の中で、フラッシュ脱毛の波長に効果があるのは成長期です。成長期は2ヶ月から3ヶ月でやってくるので、脱毛も2ヶ月おきぐらいの頻度で行います。

 

回数に関しては、毛量や毛質が関係するため一概に言えませんが、自己処理の必要がなくなるまでは12回ぐらいが目安です。

 

完全にムダ毛をなくしたいというのであれば、18回以上の施術が必要であるケースが一般的です。

 

対する医療レーザー脱毛の頻度と平均回数は?

 

医療レーザー脱毛では、単一の波長を使って脱毛していきます。広範囲を一度に照射できるフラッシュ脱毛と違い、照射口が小さくピンポイントでレーザーを照射します。

 

そのため手足など範囲が広い脱毛には時間がかかりますが、脇のように狭い範囲であれば短時間で施術が終わります。医療レーザー脱毛も、成長期のムダ毛に熱エネルギーを発生させるので、毛周期に合わせて施術します。脇の毛周期は2ヶ月程度ですから、頻度もフラッシュ脱毛と同じく2ヶ月から3ヶ月に1回ほどになります。

 

ただし、医療レーザー脱毛はフラッシュ脱毛よりも毛根組織の破壊力が大きいです。ですので施術を受ける回数は、自己処理が必要なくなるまでなら5回、ツルツルにするまでは8回ぐらいが平均回数になります。

 

フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛の違いを見ると、医療レーザー脱毛の方が回数も少なくて済むのが分かりますね。しかし、フラッシュ脱毛の方が痛みは少なく料金も安いので、こういった点も考慮して検討してみるといいでしょう。

脇脱毛