糸脱毛ってなに?どんな糸でどうやって脱毛するのか?

糸脱毛ってなに?どんな糸でどうやって脱毛するのか?

韓国や中国などではメジャーな脱毛法の一つに挙げられるのが糸脱毛です。

 

日本ではあまり馴染みのない脱毛法ですが、産毛の処理にはとても適しています。

 

糸で脱毛と言ってもあまりピンとこないかもしれませんが、どのような脱毛法なのか詳しく見ていきましょう。

 

糸脱毛とは

 

糸脱毛はもともとアジア諸国で行われていた伝統的な脱毛法で、主に顔の産毛処理のために行います。

 

細くて短い産毛というのは、毛抜きでは処理できませんし光脱毛などでもなかなか効果が得られません。

 

そのため、カミソリで処理をするのが一般的です。

 

ただしカミソリを使うと、産毛だけではなく皮膚の角質まで削ってしまいます。

 

ですので頻繁に処理をすると乾燥や吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなる、という問題があります。

 

糸脱毛というのは刃でムダ毛を剃るのではなく、糸でムダ毛を絡め取って除毛します。

 

つまり肌を傷つけることなく処理が可能なので、肌トラブルのリスクを軽減出来るというメリットがあるのですね。

 

また、根元から抜くので生えてくるまでのサイクルが長く、つるすべの状態を保てるというのもメリットと言えるでしょう。

 

糸脱毛の方法

 

糸脱毛で使用するのは、シルクの糸とベビーパウダー、絹手袋だけです。

 

まずは、肌を糸の摩擦から守り、滑りをよくするためにベビーパウダーを除毛部分にはたきます。

 

つぎに糸で大きな輪っかを作り、中心をねじったら、そこから左右10ねじり分ほどクロスさせます。

 

輪っかの両端を親指と人差し指に引っ掛けて、糸をちょうちょの形にしたら中心のねじり部分を除毛部分に当てます。

 

後は、ねじり目を上下に動かして産毛を絡め取っていくだけです。

 

最近は脱毛サロンでも産毛処理のために糸脱毛のメニューを取り入れているところが増えています。

 

ちなみに、糸脱毛は自分でもできるので、興味がある方は試してみるといいですね。

 

ただし糸脱毛はあくまでも除毛法であって、ムダ毛が再生しないというものではありません。

 

脱毛サロンの脱毛器の種類によっては産毛に効果が高いものもありますから、処理の手間を省きたい方はプロの施術に任せるのがベストです。

脇脱毛