脇脱毛で毛穴が炎症(毛嚢炎)を起こす原因と治療法とは?

脇脱毛で毛穴が炎症(毛嚢炎)を起こす原因と治療法とは?

脱毛部位の中でも、昔から変わらない人気を誇っているのが脇です。脇のムダ毛は、どんなに毛が薄い人でも必ず処理が必要なので、脱毛で手間を省こうという方が多いのですね。ただし脇脱毛のせいで毛穴が炎症を起こし、「毛嚢炎(もうのうえん)」になってしまうこともあるので、その原因や治療法をチェックしておきましょう。

 

肌トラブルに悩む女性

 

なぜ脇脱毛で毛嚢炎が起こるのか?

 

脱毛サロンやクリニックの脱毛は、毛抜きを使った自己処理よりも安全かつ肌に優しいと言われています。それなのに毛嚢炎が起こるのは、脱毛の施術によって免疫力が低下するからです。

 

いくら肌に優しいといっても、肌の奥に熱を発生させる脱毛法は、一時的に肌にダメージを与えます。肌がダメージを受けると、体はその部分を修復するためにターンオーバーを活性化します。

 

しかしすぐに修復できるわけではないので、それまでの間に雑菌が侵入してしまうことがあります。雑菌を追い出す免疫力が低下している状態ですから、侵入した雑菌によって毛穴の内部では炎症が起こります。

 

この炎症が毛嚢炎を引き起こす原因となるのですね。ちなみに、出力レベルが高い医療レーザー脱毛の方が、肌へのダメージが大きいため毛嚢炎になりやすいと言われています。

 

知っておきたい毛嚢炎の治療法について

 

毛嚢炎が起こってしまっても、清潔な状態にしておけば3日ほどで自然に治っていきます。ただし、炎症が起こっているのに刺激を与えたり、不衛生な状態にしてしまうと菌が繁殖します。菌が繁殖すれば炎症も広がってしまうので治りません。

 

もし数日経っても治らない場合は、炎症を鎮めるお薬や除菌・殺菌効果がある塗薬で対処しましょう。ステロイド系の薬や抗生物質系の薬はドラッグストアでも購入できます。

 

しかし、確実に治したい場合は、皮膚科や脱毛クリニックで診察を受けて処方箋を出してもらうのがおすすめです。特に市販薬を使ってもなかなか治らない、という方は医療機関で治療を受けましょう。

 

ただし、毛嚢炎が起こるリスクは、毛抜きやカミソリなどの自己処理の方が高いと言われています。ですので安全に脱毛したいという方は、脱毛サロンやクリニックでの脱毛がベストです。

脇脱毛