紫外線とは?また脱毛する人に紫外線が天敵となる理由とは?

紫外線とは?また脱毛する人に紫外線が天敵となる理由とは?

脱毛期間中にもっとも注意しなくてはいけないのが紫外線です。

 

これは契約をするときにも説明されますが、なぜ紫外線を浴びてはいけないのか分からないという方もいるかもしれませんね。

 

ここでは、紫外線が天敵となる理由をご説明していきます。

 

紫外線とは?

 

紫外線は、太陽の光の中に含まれる波長の一種です。

 

地上まで届く紫外線にはUV-AやUV-B、UV-Cなどの種類があり、これは人間の肌にも浸透します。

 

太陽光を浴びると、ビタミンDが合成されるというメリットがあります。

 

しかし紫外線というのは、細胞を壊したりDNAを変性させるなどの悪影響を及ぼします。

 

そのため有害な紫外線を浴びると、体は細胞やDNAを守るためにメラニン色素が作られます。

 

メラニン色素が大量発生すると、ターンオーバーでは排出しきれなくなり、肌細胞の中に沈着してしまいます。

 

また、活性酸素も生成されるため、あらゆる肌トラブルを引き起こすリスクが高くなります。

 

このように、紫外線は肌に刺激を与える厄介な波長なのですね。

 

紫外線が天敵となる理由

 

光脱毛ではムダ毛に含まれるメラニン色素に反応する光を照射します。

 

この光がメラニン色素に反応して熱を発生させることで、毛根組織にダメージを与えて脱毛を行うのです。

 

この脱毛の仕組みが、紫外線を浴びてはいけないと言われる理由です。

 

光脱毛の光は、どんなメラニン色素にも反応するので、紫外線を浴びることによって起こる色素沈着でも熱を発生させます。

 

肌の内部で熱が発生すれば、炎症や火傷が発症してしまいます。

 

そのため紫外線を浴びて日焼けをすると、脱毛の施術を断られてしまうのです。

 

また、活性酸素によって弱っている肌に施術を行うと、刺激となってしまうのでよりトラブルが起こりやすくなります。

 

このように紫外線は脱毛の施術を妨げる要因になるので、天敵と言われるのですね。

 

ちなみに、紫外線は曇りの日でも地上に降り注いでいます。

 

特に近年はオゾン層の破壊が進んでいるため、以前よりも紫外線には注意が必要です。

 

ですので脱毛を始めている方は、いつもよりもしっかり紫外線対策をするように心がけましょう。

脇脱毛