てんかんの持病がある人でも脱毛は受けられるのか?

てんかんの持病がある人でも脱毛は受けられるのか?

脱毛をしたいと思っていても、病気の場合は断られてしまうことがあります。特に、急に発症する病気の場合だと、普通の脱毛サロンなどでは対応できません。では突然発作が起こる「てんかん」の持病を持っている方は、脱毛を諦めるしかないのでしょうか。

 

てんかんの持病があると脱毛はできない?

 

結論から言うと、てんかんの持病がある場合は、どこの脱毛サロンでも受け付けてもらうことはできません。てんかんというは、外部からの刺激で発症する熱性けいれんや、光や熱に過剰反応する光感受性発作があります

 

脱毛の施術は、多少の刺激を伴いますし、光脱毛であれば光や熱を与えますから、発作が起きるリスクが高くなります。脱毛サロンでの施術中に発作が起こってしまったら大変なことになります。

 

本人はてんかんだと分かっていても、他のお客様からすると、脱毛のせいで体に異常が起こったように見えてしまいます。脱毛サロンにとってこういった誤解は致命傷になりますし、口コミなどで拡散されたらお店が存続できなくなるかもしれません。

 

こういったリスクを抱えてまで脱毛してくれるお店は、残念ながらないのです。ですので、基本的にてんかんの持病がある方は脱毛サロンでの脱毛は諦めるしかないのですね。

 

脱毛クリニックなら大丈夫?

 

脱毛クリニックや美容外科は医療機関になるので、脱毛の施術を受けられる可能性はあります。と言っても、可能性は低いと言わざるを得ません。いくら医療機関であっても、てんかんは特殊な病気ですから、脱毛を専門としている医師が対応できるとは限らないからです。

 

何年も発作が出ていないというのであれば、施術をしてくれるところもあるかもしれません。しかし、薬を服用中だったり、光や熱に反応するてんかんの場合は、脱毛クリニックであっても施術は難しいでしょう。脱毛クリニックも脱毛サロンと同じで、自社の評判が悪くなるようなリスクを負うことはできないのです。

 

それなら、てんかんを隠して施術を受ければ良いと思う方もいるかもしれませんね。ですが申告義務を怠ってしまうと後々にトラブルになるかもしれませんから、隠して契約をするのは絶対に止めましょう。

脇脱毛