蓄熱式脱毛と医療レーザー脱毛の仕組みや違いとは?

蓄熱式脱毛と医療レーザー脱毛の仕組みや違いとは?

脱毛クリニックでは「医療レーザー脱毛」が主流ですが、最近は「蓄熱式脱毛」を取り入れるところが増えています。最新の脱毛法と言われる蓄熱式脱毛と医療レーザー脱毛は、どのような仕組みや違いがあるのでしょうか。

 

蓄熱式脱毛と医療レーザー脱毛の仕組み

 

蓄熱式脱毛というのは、バルジ領域に熱でダメージを与えて、ムダ毛の成長を止める仕組みです。一方、医療レーザー脱毛はメラニン色素の熱を発生させ、根元の毛乳頭細胞を破壊してムダ毛の成長を止める仕組みになっています。ここで疑問に思うのが、バルジ領域とは何なのかということですね。

 

ムダ毛は毛乳頭細胞が分裂することで成長する

 

しかし毛乳頭細胞は自然に分裂するのではなく、発毛しなさいという指令を受け取ることで分裂が始まります。その指令を出しているのがバルジ領域の細胞なのです。

 

つまり、蓄熱式脱毛は発毛を行う部位ではなく、発毛の元となる司令部を攻撃して脱毛を行うというメカニズムなのです。蓄熱式脱毛はバルジ領域、医療レーザー脱毛は毛根というようにターゲットが異なるのが、両者の脱毛の仕組みの一番の違いと言えるでしょう。

 

仕組み以外に違いはあるの?

 

脱毛の仕組み以外で大きな違いを挙げるとしたら、「施術時の痛み」です。医療レーザー脱毛と言えば、痛みが強いことでよく知られていますね。実際のところ、医療レーザー脱毛を受けたくても、痛みが怖くて脱毛サロンで脱毛をしている方も多いようです。

 

確かに、医療レーザー脱毛などは体感温度が70度ほどあると言われています。もちろん一瞬の熱さですが、それを脱毛部位に照射していくのですから、かなり強い痛みを感じます。

 

弱い熱でもダメージを与えられる

 

その点、蓄熱式脱毛のターゲットとなるバルジ領域は、弱い熱でもダメージを与えられます。体感温度は38度前後で、医療レーザー脱毛と比べると約半分の熱さしかありません。体温よりちょっと熱いぐらいですから、痛みがほとんどないのがまったく違うところです。

 

脱毛の効果に関しては、医療レーザー脱毛の方が実績を持っています。ですが、痛みが不安だけどクリニックで安全に脱毛したい方は、蓄熱式脱毛を検討しても良いでしょう。

脇脱毛