産毛の脱毛に最適な方法は?医療レーザーも含めてどの方法が最適か?

産毛の脱毛に最適な方法は?医療レーザーも含めてどの方法が最適か?

産毛は、普通ならあまり目立ちませんが、それでも光の当たり具合などによってはものすごく目立ちます。特に顔は目に付きやすい部分なので処理をしっかりしておきたいですね。では、産毛の脱毛にはどのような方法が最適なのか、医療レーザーも含めてみてみましょう。

 

ファッションモデル

 

産毛に適した脱毛方法を知っていますか?

 

脱毛サロンで受けられる脱毛法は、近年いろいろな施術が開発されています。まだまだ光脱毛が主流の脱毛サロンが多いですが、最近はこれらとは違う脱毛法を取り入れるお店も増えています。

 

このように数ある脱毛法の中で産毛脱毛に適しているのは、ハイパースキン脱毛やSHR式脱毛などの脱毛法です。ハイパースキン脱毛は、毛根組織ではなく発毛因子のバルジに反応する光を照射します。

 

肌に優しく安全性が高いのが特長で、子供でもできる脱毛法として注目されています。SHR式脱毛は、毛乳頭細胞を内包する毛包にアプローチする脱毛法です。

 

どちらも、メラニン色素に反応する光を照射する脱毛法ではありません。ですので産毛のように、メラニン色素が薄く熱エネルギーが発生しにくいムダ毛の脱毛に適している脱毛法になります。

 

医療レーザー脱毛は産毛に向いていない?

 

医療レーザー脱毛は、光脱毛などよりも効果が高いことで知られていますね。効果が高いのは、レーザーの出力レベルが強く、メラニン色素で大きな熱エネルギーを発生させるからです。こういった点で見ると、メラニン色素量が少ない産毛の脱毛には向いていないように思えますね。

 

ですが医療レーザー脱毛も進化していて、メラニン色素に反応する脱毛以外の方法も開発されています。その代表格と言えるのがメディオスターNeXTという医療レーザーです。

 

メディオスターNeXTはハイパースキン脱毛と同じメカニズムで、バルジにダメージを与えてムダ毛の成長を阻害します。また取り扱いは少ないのですが、SHR式脱毛と同じメカニズムのソプラノという医療レーザーも産毛脱毛に適しています。

 

これらの脱毛方法はメラニン色素が関係ないので、日焼け肌でもほくろがあっても脱毛できることで人気が高まっています。ですので、肌質のせいで普通の脱毛ができない方にもおすすめです。

脇脱毛