脇の埋もれ毛(埋没毛)は脱毛で綺麗に出来るのか?

脇の埋もれ毛(埋没毛)は脱毛で綺麗に出来るのか?

脇のムダ毛を自己処理していると、皮膚内に毛が埋もれる埋没毛になってしまうことがあります。埋没毛のリスクは自己処理をしている限り続きますが、脱毛をすれば改善できます。と言っても脱毛効果はすぐに出ないので、埋もれ毛の原因と治療法を学んでおきましょう。

 

埋もれ毛

 

一般的な埋没毛の原因とは?

 

埋没毛は、カミソリや毛抜きなどのムダ毛処理によって皮膚を傷つけてしまうことが原因です。カミソリはムダ毛をカットすると同時に、目には見えませんが表皮に細かい傷がついてしまいます

 

また毛抜きで無理にムダ毛を引き抜くと、毛根が毛穴より大きいため、毛穴周りの皮膚が裂けた状態になってしまいます。傷ができたり裂けたりしても、血が出るわけではないので自分では分からないかもしれません。

 

ですが自己処理をすると、見た目的には変化がないとしても、肌は傷ついてしまっているのです。このように皮膚が傷つくと、この状態を修復するために再生能力が働きます。

 

ただ、毛穴周りの皮膚が再生される場合、毛穴まで塞いでしまうことがあります。すると成長してきたムダ毛は出口を失ってしまい、皮膚の内側で成長していくので、埋没毛になってしまうのですね。

 

有効な埋没毛の治療法について知っておこう

 

皮膚科などでは、埋没毛が出来た部分を切り、消毒した毛抜きを使ってムダ毛を引き抜く治療を行います。ただし、これだけのために皮膚科を受診すると言う人は少ないでしょう。

 

だからといって、自分で毛抜きを使って無理やりムダ毛をほじくり出すのは危険です。再生した皮膚に傷をつけてしまうと、そこから雑菌が侵入するかもしれません。

 

また、炎症を起こして化膿することもあるので、自己流の治療法は行わないのがベストです。埋没毛は皮膚内で退行期を迎えますから、自然に成長が止まります。そのままにしておけば、ターンオーバーとともに排出されるので、いじらないようにしましょう

 

埋没毛は自然に消える、と言っても、繰り返しできる状態では角質が硬くなってしまい排出されなくなるかもしれません。ですので、埋もれ毛ができないように早めに脱毛をして、埋没毛を防ぎましょう。

脇脱毛